不動産売却について|不動産売買についての基本的な情報を知ろう

用語を知っていると話がわかりやすい

不動産会社に相談するときに基本的な用語がまったくわからないと話が進むのに時間がかかってしまいます。よく使う単語はこのページで覚え、相談をスムーズに進められるようにしましょう。

不動産売却でよく使う単語

両手仲介

こちらが売る側だとすると、買い手もその不動産会社の顧客のケースを両手仲介と呼びます。同じような言葉で片手仲介という言葉もあり、こちらは不動産会社が買う側もしくは売る側どちらかのみの代理をするケースをいいます。

不動産手数料

文字通り売買契約が成立したときに不動産会社が受け取るお金のことです。上限が法律で決まっているということをしっかり頭に入れておくとよいでしょう。ちなみに、上限は片手仲介のケースで、売った物件の価格3パーセント+6万円です。

レインズ

物件の情報を全国の不動産会社で共有するためのシステムです。コンピューターを介したこのシステムにあなたの物件を登録することで、全国で買い手を探すことができます。茅ヶ崎の不動産会社に相談した場合も、全国の不動産会社へ情報を発信することができるのです。

不動産査定

土地や物件のプロフェッショナルが、その価値を査定することを不動産査定といいます。この価格がそのまま売却価格になる訳ではなく、売り主、不動産会社、買い手が値段の擦り合わせをして最終的な売却価格が決定します。

任意売却

任意売却とは、所有者がローンの返済が難しくなってしまった物件を、金融会社と相談し売ることです。差し押さえになってしまった場合は、競売にかけられてしまいますのでそれよりはと、任意売却を選択するケースが多いです。出来れば使いたくない言葉ですね。

不動産売却について

女性

仲介の形態もさまざま

不動産を売却する際の仲介の形態もさまざまです。主に3つあるので覚えておきましょう。1つ目は『一般媒介契約』というもので、いくつかの不動産会社に同時に相談することができます。さまざまな方面から買い手を見つけることが可能です。2つ目は『専任媒介契約』です。これは一つの不動産会社を絞って仲介をお願いする方法で、他の不動産会社へ買い手を見つけてもらうように依頼することができない契約です。3つ目は『専属専任媒介契約』です。専属専任媒介契約は、その不動産会社にしか相談できないことに加えて、不動産会社が探してきた買い手としか契約できないというものです。

仲介手数料の上限と相場は違う

仲介手数料をたくさん取られたというトラブルがよくあります。不動産会社は仲介手数料を当然多くもらいたい訳ですが、仲介手数料にも相場があります。なので、法律で決まっている上限の物件の売却価格プラス6万にかなり近い仲介手数料を請求してくる不動産会社には注意しましょう。上限金額を受け取ることはあまりなく、通常はもっと安いです。

広告募集中